英語は感覚リスニングで、文法と語法を頭に叩き込もう

   

あなたは英語が好きですか?

文系でも理系でも大学受験においてほぼ必須になってくる英語。

受験は総合得点で合否を判別するため

数学が満点でも英語が0点なら合格は危ういでしょう。

 

今回は少し時間に余裕のある人向けの英語の勉強法になりますが

将来は海外に行きたい、海外で仕事をしたいといった人にはうってつけの勉強法になります。

文系だからといって英語が得意なわけではない

同じ文系でも、国語が得意なのに英語が苦手な人、英語が得意なのに国語が苦手な人がいます。

それは英語と国語はまったくの別ものだからです。

なのでもちろんのこと、勉強の仕方も同じやり方ではだめなのです。

文法を理解したらパズルのようなもの

英語は文法の仕組みを理解すれば、

パズルワークのように単語を組み合わすだけで文章をつくっていけるのです。

そこで、私が英語が得意になれた学生時代にやっていた勉強法を紹介したいと思います。

感覚で文法を脳に刷り込む

それはまず感覚で英語の文法を頭に焼き付ける方法です。

ズバリ、ヒアリングから始めます。

ヒアリングやリスニングなんて大事なの?

そんなのテストでも数問しか出ないし、

書き問題では使えないじゃんって思った人はいませんか。

 

そうではなく、聞いて文法を身につけられれば勉強時間も短縮でき一石二鳥なんです。

日本人は、英語の文法ができても話せないという人が大半で、

実際に海外に行っても手も足もでないというのが現実です。

 

だからあなたもそうならないように、

実際の現地の人が使っているネイティブの英語を聞き慣れておくことがとても大事なことなのです。

 

一般書店などで買えるリスニングのCDは、

つまらなくて無理という人は好きな洋画を字幕を英語にして見てみるのも良い方法です。

私はこの方法で英語の文法を身につけました。

しかしこの段階ではまだ、何となく文法が分かるという段階なので

もちろん普段から英語の文法・語法問題を解くことが大事です。

ヒアリングによる文章理解力上昇の効果

でもヒアリングをした後に問題を解くと

全然理解力が違ってくるのを実感することができます。

最近は、聞くだけで英語が分かるというような通販商品でさえ大人気になっていますよね。

めちゃめちゃ高額です笑

 

それだけ、聞いて耳で覚えることは大事なんです。

でも実際聞いただけで英語がペラペラになるなら誰も苦労はいらないので、

ライティングも必要ですので、問題集などを解いてみましょう。

分厚い問題集はやる気がなくなる

そこで問題集はどんなものを選べばよいか、身に付くのでしょうか。

私がおすすめするのは、分厚い参考書のような問題集ではなく、

英語の文法の解説が分かりやすく要約されて、問題数もそこまでないものです。

いっぱい問題を解くのも良いですが、それでは時間がかかってしまいますし、

問題が多くて混乱を招く原因にもなりかねません。

英語も薄い問題集を何度もやること

なので薄い問題集を何冊もやっていくのが、

達成感もえられて、身に付けることができるのです。

そしてヒアリングを日ごろからやっておくと、

嫌でも英語が得意になり、好きになること間違いなしです!

興味がわいた人、英語が苦手な人はぜひこの勉強法を試してみて下さいね!

 

まとめ

ただし、英語の基礎がそれなりにある人に限ります。

中学までの英語・英文法はできる人が最低限の条件でしょう。

また、映画を見ることがメインになってしまっては意味がありません。

英語学習として映画を見ていることを忘れないように。

 

ちなみに私はセンター試験の

リスニングは7~8割くらいでしたが、

筆記試験は200点中196点だったので

リスニングができないからといって筆記試験ができないわけではありません。

 

むしろ時間がない人はリスニングを完全に捨てて

文法をそこそこに長文読解に注力スべきです。

 - 英語攻略