短期必勝!大学受験おすすめの英単語帳の選び方

   

今日は、短期で英語を仕上げたいが単語が全然ダメな人、

時間的余裕があるがどの単語帳を選ぶか迷っている人、

一橋を受けるので語彙力を上げたい人など

いろいろな人向けの英単語帳の選び方を教えていきます。

単語帳は、知らない単語が7割くらいのものを選べ

これ、意外と知らない事実だと思います。

例えば、一つも知っている単語がない単語帳を買うとします。

まず、やる気が出ません。

そして、やる気がでる以前にその単語帳を見る資格が無いのです。

 

柔道で言えば、全日本のトレーニングメニューを

機能柔道着を買った初心者がいきなり始めるみたいなものです。

いかに無謀か、おわかりいただけたでしょうか。

知らない単語ばかりだとストレスフル

それだけでなく、モチベーションにも大きな影響を与えます。

たまに、「あ、これ見たことある!」「知ってる!」ってなると嬉しいですよね。

知らない単語ばかりだと、「私もしかしてもう間に合わないのかも?」とか

「やばい!」という気持ちばかりを生み出します。

たまに知っている単語があると安心できます。

立ち読みして「2~3割知っている単語がある!」が適性レベル

本屋さんの参考書コーナーへ行くと、

英語コーナーには死ぬほど本があります。

正直どれを選んでいいかわからない!

なんて人が多いと思います。

 

なので、これから紹介する本の中から

2~3割知っている単語がある!というものを選んでください。

一応、単語のレベル順になっているので

レベルが低いものから順に見ていってください。

 

逆に、立ち読みして8割の単語を知っている単語帳は読まなくていいです。

次のレベルの単語帳を見てみてください。

レベル1:システム英単語 中学版

まずはこの本を見てみてください。

この本を見て、半分以上知らない単語だったら速攻で買ってください。

大学受験まであと3ヶ月しかない状態でこのレベルだったらかなりまずいです。

 

単語を覚える期限は2週間から1ヶ月です。

本当に時間が取れない人でも1ヶ月半がデッドラインです。

単語の覚え方はたくさんありますが、気合で覚えられるラインの単語です。

 

レベル2:システム英単語Basic

同じシリーズの高校レベルの基礎編です。

おそらく、多くの人がここからのスタートになります。

しっかりと学習を進めてきた人ならこのレベルもパスかもしれません。

7割くらい知っていれば、パスしていいです。

レベル3:システム英単語

正直この単語帳、最後の方はMARCHレベルなら関係ないので実際に覚える単語量はそんなにありません。

ただし、国立上位や早慶を受ける方はなるべく全部終わらせてください。

レベル4:リンガメタリカ

英語が強すぎて、他の科目にも余裕があって

もっと上のレベルが欲しくなった場合

長文音読と同時に行ってください。

医学部・早慶を受ける人のみが最後にやってもいいくらい。

普通の人は手を出さないでください。オーバーワークです。

単語帳の使い方

単語帳に1000個単語があるとすれば、

期間をわけがちですが、

はじめの時期は1章だけを繰り返しまくるのではなく

最初から全部の章に目を通してください。

全体を何周もしてください。

まとめ

単語帳はレベルに合わせてレベルアップさせていく。

単語帳のレベルは2~3割わかるものを選ぶ。

全体も何周もする。

 - 英語攻略