音楽を聴きながらの勉強、アルファ波、クラブ、歌詞ありでいいのかなど疑問に答えます

   

皆さん、勉強をする際に音楽を聴きながらしていませんか。

私は高校時代は凛として時雨や洋楽メタルバンドを聞き

頭を振りながら勉強していました。

 

冗談のようですが、私の友人で

某御三家高校から現役で東大に行った人が居ます。

彼は、模試や試験中には頭のなかで大好きなメタルが流れているそうです。

また、試験を解き終えると、全力で頭を振り始めるので

周りからすると、「あいつもう解き終わったのか!」となっていたそうです。

 

ガチです。

彼の影響を受けたり、私もノリながらの勉強が好きでした。

勉強中に聴く音楽がリラックスできるか、スイッチになっているならよい

勉強中に聞いている音楽が、

あなたにとってリラックスできる

または、勉強の時はこの音楽を聴く

と言った形で勉強するスイッチになっているならよいです。

 

但し、なんとなく好きな音楽を聴いている場合は注意が必要です。

実際には、その音楽を聞いているせいで

歌詞を覚えることに集中したり

音楽を追いかけることに集中しているだけだったりします。

 

この場合、音楽をかけることは無駄どころか

邪魔になっています。

ラジオはありか

私もラジオを聴きながら勉強していたことがあります。

はっきり言って会話が入っていると

勉強の邪魔になります。

特に面白い芸人のラジオだとラジオの方に聴き入ってしまうことが多いです。

 

深夜ラジオを聴きながら勉強っていうことを

よくエピソードで聴くことがあります。

しかし、実際には勉強に向いているとは思えません。

 

ただし、次の人は例外です。

バックグラウンドや集中の入り口に音楽を聞くが、途中から集中し始め音楽が聞こえなくなる

たまにいます。

みなさんも経験はありませんか。

ある音楽を聴きながら勉強していたら

勉強のスイッチがはいって音楽が聞こえなくなる経験。

 

私は多々あります。

いつのまにかアルバムが変わっていたりしてはっと気付かされたりします。

こういったことがデキる人は、

音楽やラジオのジャンルは問わないし、自由に聴いてくださって構わないと思います。

集中用の音楽を聴く

どうしても音楽を聴かないと集中できない場合は

集中用の音楽を聞いてみましょう。

アルファ波やシータ波といった音楽がどう効果があるかは

なんとも言えないところです。

 

しかし、実際に集中しようと思った際に聞いてみると効果を実感できました

プラシーボだとしても効果があればいいと考えているので

ぜひ試してみてください。

ラストのシータ波は、かなりおすすめです。

 

周りがうるさいからイヤホンするのであれば耳栓で代用しよう

イヤホンをしている理由が、音楽を聴きながら勉強するためではなく

耳栓代わりである場合を考えます。

周りの音がうるさいから

生活音が気になるといった場合は耳栓を活用してみましょう。

 

これらの耳栓はオススメです。

特に後者はetymotic researchという音楽に特化したメーカーなためオススメです。

まとめ

結論は、音楽を聴く理由が何かです。

集中への導入のきっかけなのか、

外の音を遮断したいのか

集中用の音楽を聴きたいのか

ということになります。

 

私はイヤホンで外の音を遮断しθ波を流すことをおすすめします。

 - 勉強法