有名中高一貫校に入学してもいい大学に入れるわけではなかった話

   

今回は、女子生徒さんのお話です。

めちゃめちゃ有名な学校ですけど、

だからといって進学に有利だったわけではないのです。

逆に言えば、進学校じゃないからといって

いい大学を目指せ無いわけではないということです!

超難関進学校に入学したが・・・

厳しい受験勉強を経て、

超難関進学校(女子校)に進学した私。

ぶっちゃけ入学した時は図に乗っていました

 

私から見ても、親も鼻高々だったみたいですし。

親戚の人や近所の人からは

いつも「すごいわね〜」って言ってもらえるし。

 

東大に何人も合格者を出している学校だったので、

まあわたしもいずれは東大かしら〜と人生舐めていました。

 

マジな天才がいた話

でもほんと進学校ってマジな天才が集まるんですね。

私は寝る間も惜しんで

ガリガリ勉強してなんとか入学したタイプでしたが、

中にはほとんど受験勉強しないで入学した天才もいるのです。

全体の20%くらいかな、結構な割合でいるんです。

天才たちは遊びも一流だったが、私は何でも無かった話

そして彼女らは、

私が塾で出会ったガリ勉タイプの子たちと違って、

クレイジーでユニークでめちゃ面白いんです。

 

世の中こんなに面白い人間いるんだ!友達になりたい!と思い

すぐに仲良くなりました。

彼女らは定期試験前でも全く勉強しません

 

それを見て私も

「ああー別に勉強なんてしなくていいわよ」と

思い同じような生活を送っていた結果、

私は定期試験で凄まじい点数を取ってしまいました。

 

でも彼女らは私と同じ生活をしていたのにもかかわらず、

学年トップレベルの成績!

隠れて勉強しているのかと思いきやそうじゃないんですよね。

 

「教科書をさらっと1回読み返しただけで全部覚えちゃった」とか

「習う前から元々知ってた。小学生の時読んだ本に載ってたの〜」とか

なんかもう自分とは違う次元の話で。

 

でも私だって同じ入試を受けて合格し、同じ学校に通う身。

彼女らとの共通点はあるはず!

彼女らができて私ができるはずがない!

と気が大きかったのも最初だけ。

 

1年1学期の期末テストも惨敗。

ご想像の通り2学期も3学期も酷い有様。

2年こそリベンジ!と思いきや、

全く勉強する気にならず。

 

なのに「私この学校に入ったんだから地頭はいいはず。」

なんてあぐらをかいて、いつのまにか高校3年生。

ここまで来ても、「私はやればできる子。この学校に入れたんだから。」なんて思ってしまって。

(なんでこんなにポジティブだったのかしらと今は後悔しています。)

気付いてしまった

でもこの時には気づいていました。

私は進学校の生徒だけど、

他の中堅高校のトップの生徒よりも頭が悪いことを。

いやトップの生徒どころではない、

中堅高校の中堅生徒と同じくらいかも怪しいかも?と。

結局中堅私大へ

そのまま受験を迎え、私は結局中堅大学の学生に。

多分私の高校からは考えられないくらいの進学先でした。

天才の友達は東大をはじめとした、超難関校に

調子に乗った後悔

全ては名門学校に入ってあぐらをかいた私がいけないんです。

受験で失敗して1つランクの下の学校に通っていたら

人生変わっていたのかしら?と後悔する日もありますが、

私みたいな性格のやつはどこにいってもダメだったのかなあ。

 

まとめ

このように、

超有名進学校にいったからといって

その人が頭がいいわけでもないし

その人がいい大学にいけるわけではないです。

 

今の高校名や、高校の偏差値が気になる人も

忘れてください。

 

周りのやつらも関係ない。

自分の努力で道は切り拓けます。

 

すべては努力でなんとかなるわけです。

たしかに、東大や京大を目指すのは

普通の人には

難しいかもしれませんが

MARCH、手を伸ばして早慶くらいだったら

引退後から勉強しても

なんとかなります!

 

むしろ、進学校のやつらを倒すつもりで気合入れていきましょう!

進学校=受験最強ではないということを覚えておいてください!

 - 勉強で後悔した話